おらんだざか オランダ坂

外国人居留地の名残で異国情緒あふれる東山手エリアの石畳の坂道

洋風住宅が立ち並び異国情緒あふれる東山手地区にある石畳の坂です。
江戸時代日本で唯一貿易が行われていた長崎では、出島に住むオランダ人の影響か開国後も東洋人以外の人を「オランダさん」と呼んでいました。そのため当時「オランダさんが通る坂」という意味で外国人居留地にある坂はすべてオランダ坂と呼んでいたと考えられています。現在は、主に活水女子大学下の坂、活水坂、誠孝院(じょうこういん)前の坂がオランダ坂と呼ばれています。

オランダ坂の石碑のそばにある水色の洋館、東山手甲十三番館は入館無料で気軽に立ち寄れるスポット。明治時代に外国人住居として使用されていた建物で、当時の様子を伺うことのできる内装や調度品を見学できます。カフェスペースもあるので、散策途中の休憩にいかがでしょうか。

 

エリア
長崎市中心市街地エリア(平和公園・稲佐山・グラバー園など)
カテゴリー
歴史・文化財
旅のテーマ
長崎の王道・定番 フォトジェニック 春におすすめ 夏におすすめ

もっと詳しく知ろう! オランダ坂

  • ぬれて絵になる雨のオランダ坂-0

    雨のオランダ坂

    ぬれて絵になる雨のオランダ坂

    とりわけ長崎の場合は、『長崎は今日も雨だった』という往年の大ヒット曲のお陰で、雨が降っても観光客は大目にみてくれるようです。
    実際、オランダ坂に限らず、長崎の町に点在する石畳は、雨にぬれてなお一層その情緒を増します。
    雨にぬれたオランダ坂は、多くの人々の心に残る美しい風景なのです。

基本情報

住所 長崎県長崎市東山手町
電話番号 095-822-8888(長崎市コールセンターあじさいコール)
交通アクセス 長崎駅前から路面電車(崇福寺行)で約7分、新地中華街で乗換(石橋行)で約2分、メディカルセンター下車徒歩約4分
リンクURL トリップアドバイザー
マップを表示

share

周辺にあるスポット

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットから近い宿泊施設

このスポットの関連記事

ここに行くモデルコース

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。
ページトップへ