ながさきしかめやましゃちゅうきねんかん 長崎市亀山社中記念館

坂本龍馬が結成した日本初カンパニー「亀山社中」跡に建つ記念館

「亀山社中」は、1865年薩摩藩や長崎の豪商・小曽根家の援助を受けて、坂本龍馬とその同志20数人により結成された「日本初の商社」兼「私設海軍」です。貿易会社と政治組織を兼ねた「亀山社中」は、徳川幕府の倒幕を目的とした活動を行うとともに、グラバー商会と銃器の取引を開始し、藩に武器を卸す商業活動や物資の輸送や航海訓練なども行いました。
また、険悪だった薩摩藩と長州藩の関係回復の仲介をし、薩長同盟の締結に大きな役割を果たしたと言われています。

当時活動の拠点として借りていた民家が、もともと「亀山焼」の職人の住居として使用されていたため、その地名の「亀山」と、仲間を意味する「社中」をあわせて「亀山社中」と呼ばれました。老朽化していた遺構を当時に近い形で復元し、2009年から「長崎市亀山社中記念館」として一般に公開しています。

記念館は内部は、10畳、8畳、3畳の部屋と土間に分かれており、隠し部屋と思われる中二階ははしごから見学することができます。
龍馬のブーツのレプリカやピストル、書簡の写し、亀山社中の志士達の写真などゆかりの品々が展示されており、全国から龍馬ファンが訪れる人気のスポットです。名誉館長は龍馬の大ファンである俳優の武田鉄矢さんが務めています。
また近くには、ボランティア「亀山社中ば活かす会」が運営する「亀山社中資料展示場」もあります。

エリア
長崎市中心市街地エリア(平和公園・稲佐山・グラバー園など)
カテゴリー
歴史・文化財 博物館・資料館・美術館 坂本龍馬ゆかりの地
旅のテーマ
長崎の王道・定番 坂本龍馬ゆかりの地 和華蘭文化にふれる 春におすすめ 夏におすすめ 秋におすすめ 冬におすすめ

もっと詳しく知ろう! 長崎市亀山社中記念館

  • ぶーつを履いて龍馬になった気分?-0

    市街地を望む場所に置かれた龍馬のぶーつ像

    ぶーつを履いて龍馬になった気分?

    亀山社中跡のすぐ近くには、日本で最初にブーツを履いた龍馬にちなみ、亀山社中設立130年を記念して造られた『龍馬のぶーつ像』があります。
    舵輪に手をかければ、130年も前に長崎港から世界に向けて船出して行った龍馬達の気分が味わえるのではないでしょうか?

基本情報

住所 〒850-0802 長崎県長崎市伊良林2-7-24
電話番号 095-823-3400
FAX番号 095-823-3400
営業時間 9:00~17:00(最終入館は16:45)
休日 無休
料金 大人310円 高校生200円 小・中学生150円
※団体料金・各種割引は公式サイトにてご確認ください
交通アクセス 長崎駅前から路面電車「蛍茶屋」行で約8分「新大工町」下車、徒歩約11分
駐車場 なし
リンクURL http://www.city.nagasaki.lg.jp/kameyama/index2.html
長崎市公式サイト
トリップアドバイザー
マップを表示

share

周辺にあるスポット

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットから近い宿泊施設

ここに行くモデルコース

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。
ページトップへ