長崎市独自仕様 生きたティラノサウルスの姿を最新の学術に基づき再現!!

来館者が視覚と聴覚を使い生きている恐竜の迫力を直感的にイメージすることができるよう、常設展示室2階の体験コーナーに恐竜ロボットを設置する。

頭や胴体、指、まぶたなどが動き、鳴き声も出す。

 

恐竜ロボットの概要

全長 約5.7m

全幅 約1.7m

全高 約2.6m

長崎市独自の仕様

 外皮の質感について、トリックスの復元画や最新の学説をもとに、羽毛や鱗などの表皮を再現する。