どっちも大好き「ちゃんぽん・皿うどん」

スペシャルな味の宇宙!長崎の2大ソウルフード

明治時代から愛されつづけてきた長崎の2大麺料理。「こだわりスープ」「新鮮具材」「特製麺」が織りなすスぺシャルな味の宇宙をお楽しみください!
100年以上も前から100%超の満足を提供
ちゃんぽん誕生は明治時代。もともと中華料理店『四海樓』の創業者がお腹をすかせた中国人留学生のために作っていたのが、あまりのおいしさで評判を呼び、たちまち長崎を代表する麺料理になったという味な歴史をもちます。豚骨or鶏ガラのスープに新鮮具材&唐灰汁(とうあく)を使った麺を"ちゃんぽん"した特別な一椀。旨み・栄養・ボリュームの満足度はきっと100%超です!
揚げた細麺が有名だけど焼いた太麺が地元の定番
皿うどんは、『四海楼』の創業者がちゃんぽんの"焼きそばバージョン"として作ったのがはじまり。だから長崎では、焼いたちゃんぽんの太い麺を具といっしょに炒め、それにスープをなじませた一皿が定番となっているのです。一般によく知られている揚げた細麺にとろっとした具をかけたものにするか、地元ならではの定番の太麺のものにするか、どうぞ贅沢に悩んでください!
長崎オンリーの特製?
ちゃんぽんの麺が独自の風味と柔らかさを誇るのは、小麦粉にかん水を加えるのではなく、中国・上海から伝わった唐灰汁(とうあく)を加えているから。日本では長崎県だけの特製麺なのです。
こってり派 or あっさり派?
スープはちゃんぽんの命。こってり派なら豚骨ベース、あっさり派なら鶏ガラのベースがオススメ。濃厚な味噌味かカレー味をラインナップするお店も。コクと野菜の甘みが絶妙に合います!
季節によって具がちがう?
豚肉、アサリ、エビ、キャベツ、人参、キクラゲ、もやし、かまぼこetc……。投入する具はクセの強い香味野菜以外ならなんでもOK。卵を落としたり、カキなどの季節の海鮮を混ぜたりもします。
ウスターソースをタラリ?
長崎の皿うどんはやや甘め。だから多くの長崎っ子は、醬油に近い味わいの地元産ウスターソースをタラリとかけて、好みの味に調節してから味わいます。他県の人がやれば、まさに皿うどん通!?
四海樓
四海樓
長崎名物ちゃんぽん発祥の店
台湾料理 老李(新地中華街本店)
台湾料理 老李(新地中華街本店)
食通の芸能人もゾッコンの長崎水餃子
中華・軽食 思案橋ラーメン
中華・軽食 思案橋ラーメン
必食! くせになるコク旨、バクダンチャンポン
ちゃんぽん・皿うどんが食べられるお店を探そう

ちゃんぽん・皿うどんが食べられるお店を探そう

長崎市内のちゃんぽん・皿うどんの美味しいお店をご紹介!
エリアを絞ったり、現在地から近いお店を選ぶこともできます。


※観光スポットページやイベントページのなかでも近くのちゃんぽん・皿うどんのお店を紹介していますので、ぜひお立ち寄りください!