魚の美味しいまち長崎

じつは北海道より種類が多い長崎。「アジ」「ハモ」「エビ」「イカ」「フグ」……、三方が海で囲まれた長崎県には対馬海流に乗っておいしい魚たちがたくさん集まってきます。なんと、漁獲量は全国第2位!魚種は全国第1位と言われています。
長崎の魚はなぜおいしいのか?
その秘密は、三方を海で囲まれる長崎県の立地にあります。世界最大級の海流である黒潮から分岐した対馬海流に乗って、様々な魚が回遊します。また、東シナ海には世界有数の大陸棚も広がっており、魚のエサとなるプランクトンも豊富。絶好の漁場を形成する環境が整っているのです。グラバー園でおなじみのトーマス・B・グラバーを父に持つ倉場富三郎は、長崎で水揚げされるたくさんの魚を見て、魚類図鑑の編纂を思い立ったと言われています。
獲れたての味を引き立てる地元特産の甘醤油!
長崎っ子がおいしい刺身を食べたときにもらすのは「コリコリしてうまかねぇ」という感想。そう、長崎の刺身はどれも獲れたてが多いから、脂がのった旨さだけでなく、新鮮な魚が持つ食感までを楽しむ文化が根付いているのです。そして、その鮮魚のおいしさを一層引き立てるのが地元特産の甘さが特徴の刺身醤油。ちょっとつけて、長崎らしい「味わい&歯応え」を楽しんでみませんか?
春は鯛三昧!
春は鯛三昧!
【鯛の塩釜焼・鯛茶漬け・鯛めし】
長崎のマダイは漁獲量が全国1位で、見た目の美しさや脂がのった味わいも折り紙つき。刺身はもちろん、長崎名物三大鯛料理である鯛の塩釜焼、鯛茶漬け、鯛めしも超オススメです。
 
夏は極上のアジ!
夏は極上のアジ!
【ひとアジちがう長崎ブランド】
一本釣りする300g以上の「野母んあじ」や、獲ったあとの一手間で脂を身にいきわたらせる「ごんあじ」など、漁獲量全国1位の地アジの刺身は極上な味わい&歯応えが自慢です。
 
秋はミズイカ!
秋はミズイカ!
イカ類の漁獲量全国3位の長崎の秋の味覚。小振りながらも身が柔らかくなる、この時季ならではの味わいをご堪能ください。
 
冬は贅沢にトラフグ!
冬は贅沢にトラフグ!
【天然物に匹敵する肉質】
長崎は全国有数のトラフグの養殖地。戸石地区で養殖されたトラフグは、市場からも高い評価を得ています。コリコリの食感とあっさりした味が特徴のトラフグ。ぜひフルコースでお楽しみください。
 
7月
7月
戸石はも・かに祭り(7月下旬~8月上旬)

旬のハモをはじめ、戸石地区に水揚げされた魚介類をPR販売。戸石地区周辺にある7つのお店では「戸石はも・かに料理フェア」を開催し、獲れたてのハモとカニの料理を提供します。
 
8月
8月
もぎたて新鮮市大漁祭り(8月上旬)

茂木港ターミナル内にある「もぎたて新鮮市」で、ワタリガニやクルマエビをはじめ、旬の水産物やすり身揚げ、ハモの湯引きなどの加工品をリーズナブルな価格で販売します。
 
9月
9月
のもざき伊勢エビまつり(9月上旬~下旬)

長崎鮮魚ブランドのひとつ伊勢エビの祭りを野母崎地区で開催。オープニングイベントでは市価より安い直売があるほか、期間中、地域のお店がオリジナル料理を産地価格で提供します。
 
9月
9月
新三重漁協伊勢海老祭り(9月中旬)

三重地区で、エビの王様である伊勢エビの祭りを開催。期間中は、通常の市価よりも安く伊勢エビが買えるのはもちろん、地域の料理店で伊勢エビ料理を楽しめます。
 
10月
10月
そとめ水いか祭り(10月下旬~11月下旬)

水イカの旬の時期に外海地区で開催。期間中、地域の各店ではおいしい「水いか御膳」を提供します。
 
11月
11月
ながさき今昔くじら料理フェア(11月上旬~11月下旬)

長崎に根付く鯨食文化の普及をめざし、フェア参加店が鯨料理を提供。刺身、竜田揚げのほか、趣向を凝らした料理が盛りだくさん。
 
11月
11月
ながさき実り・恵みの感謝祭(11月下旬)

新鮮な農水産物や加工品を販売する地産地消PRの一大イベント。生産者による直売、人気のかき焼きコーナー、お楽しみ抽選会、ステージイベントなど、お楽しみが盛りだくさんです。
 
11月
11月
戸石とらふぐ・かき祭り(11月中旬~12月下旬)

戸石漁港で水揚げされたトラフグの加工品やカキなどが販売されるほか、カキ焼きバーベキューも楽しめます。また戸石地区の料理店では、各店自慢のトラフグ・カキ料理が堪能できます。
 
長崎市内のお魚の美味しいお店をご紹介!
エリアを絞ったり、現在地から近いお店を選ぶこともできます。
魚の美味しいまち長崎

魚の美味しいまち長崎

長崎とお魚の素敵な関係や長崎で獲れる季節の魚たち、お魚レシピなどを詳しくご紹介しています。お魚を使った新しいご当地グルメも要チェックです!