日本近代医学の父・シーボルト

鎖国下の江戸時代において、長崎の出島で交易を許されたのが、オランダでした。出島にはオランダ商館が置かれ、日本との貿易業務に従事する商館長以下10数名のオランダ人が滞在していました。文政6年(1823)に出島へやってきたシーボルトは、出島に滞在するオランダ人の診察や治療にあたった商館医の1人。シーボルトは最先端の西洋医学を学ぼうとする日本人のため、出島の外に医学教育を行う「鳴滝塾」を開き、塾生たちの指導にあたります。また、日本の文化や自然科学を研究し、今日でも学術的に高く評価されている日本研究を発表。西洋における日本理解の促進に貢献しました。
  • 川原慶賀筆「シーボルト肖像画」(長崎歴史文化博物館蔵)若き日のシーボルトの面影をよく伝えているといわれる

    川原慶賀筆「シーボルト肖像画」(長崎歴史文化博物館蔵)若き日のシーボルトの面影をよく伝えているといわれる

  • シイボルト肖像(国立国会図書館)

    シイボルト肖像(国立国会図書館)

医師、そして博物学者
江戸時代後期の文政6年(1823)に出島のオランダ商館医として来日したシーボルトは、当時27歳の青年でした。フルネームはフィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト。南ドイツの学都・ヴュルツブルク(現在のドイツ・バイエルン州ヴュルツブルク市)に生まれ、一族には、多くの医師や大学教授がいました。
日本にオランダ人として入国したシーボルトは、名医との評判が高く、通常は禁止されていた出島の外に出ることを特別に許可され、日本人を診察することもあったといいます。来日した翌年には、長崎郊外に民家を買い上げ、西洋近代医学を教える「鳴滝塾」を開き、日本全国から集まった学生たちに西洋医学の手ほどきをしました。また、シーボルトは日本の自然や文化に高い関心を持ち、科学的な視点でそれらを調査〜研究し、西洋に紹介した人物です。
  • オランダ商館が置かれた出島の様子(復元)

    オランダ商館が置かれた出島の様子(復元)

  • シーボルトが住んだ住宅(長崎歴史文化博物館蔵)

    シーボルトが住んだ住宅(長崎歴史文化博物館蔵)

  • 鳴滝塾跡の近くに建てられたシーボルト記念館

    鳴滝塾跡の近くに建てられたシーボルト記念館

医者であり、自然調査員
シーボルトの日本での任務は、医師としてオランダ商館員の健康管理にあたること。そして、日本の国土や産物などを詳しく調査し、日本との貿易に役立つ情報の収集をオランダ国東インド政府から与えられていました。シーボルト自身にも、まだ見ぬ土地の自然や風俗、習慣などについて研究したいという強い欲求があり、来日は彼にとって願ってもないチャンスとなったのです。
来日後、シーボルトの探究心の高さと博学はすぐに認められ、オランダ商館長の働きかけによって、出島の外で薬草となる植物を採取したり、長崎の町で日本人の診察を行うことを長崎奉行から特別に許されました。治療にあたり、シーボルトは一切の金を受け取らなかったので、患者たちは感謝の意を込めて、シーボルトが好みそうな日本の美術品や工芸品を贈ったといいます。
文政7年(1824)には、長崎郊外の鳴滝の土地と民家を譲り受けて「鳴滝塾」を開くと、日本各地から西洋近代医学を学びたいという医師や蘭学者が集まります。門弟には、高野長英、高良斎、二宮敬作などがいました。鳴滝塾では、門弟に臨床医学を教えつつ、一方で日本の医学、生物、歴史、風俗など、多方面にわたる研究課題を学生たちに与え、オランダ語で論文を提出させることで、シーボルト自身も日本の研究を行いました。
  • 川原慶賀筆「蘭船入港図」(長崎歴史文化博物館蔵)オランダ船の入港を見守る白い服の男性がシーボルト、その後ろに描かれた女性と子どもが滝とイネといわれている

    川原慶賀筆「蘭船入港図」(長崎歴史文化博物館蔵)オランダ船の入港を見守る白い服の男性がシーボルト、その後ろに描かれた女性と子どもが滝とイネといわれている

  • シーボルト記念館の敷地には、シーボルトが愛したアジサイの花が植えられている

    シーボルト記念館の敷地には、シーボルトが愛したアジサイの花が植えられている

  • シーボルトの娘・イネ(長崎歴史文化博物館蔵)

    シーボルトの娘・イネ(長崎歴史文化博物館蔵)

愛した女性の名を花の学名に
シーボルトは来日後1カ月の文政6年(1823)8月、出島通いの遊女とされている其扇(そのぎ)と呼ばれる日本人女性・楠本滝と結ばれます。2人の間には、4年後、娘のイネも生まれました。
シーボルトと滝は、その後悲劇的な別れを迎えることになりますが、のちにシーボルトがまとめた『日本植物誌』で、シーボルトが好きだったアジサイの花に滝の名前をとって学名「ヒドランゲア・オタクサ」と命名したことが知られています。
また、娘のイネは、シーボルト帰国後、門弟らに医学を学び、日本初の西洋産科女医となって活躍しました。
  • 「伝シーボルト献上ギヤマン酒次セット」(長崎歴史文化博物館蔵)シーボルトが諫早侯に献上したと伝わるガラスの酒器

    「伝シーボルト献上ギヤマン酒次セット」(長崎歴史文化博物館蔵)シーボルトが諫早侯に献上したと伝わるガラスの酒器

  • 「シイボルト国外追放達書」(長崎歴史文化博物館蔵)

    「シイボルト国外追放達書」(長崎歴史文化博物館蔵)

禁制品の持ち出しにより、国外追放に
当時、出島のオランダ商館長は、4年に一度、江戸に赴き将軍と謁見して、西洋の産品を献上するしきたり=江戸参府がありました。文政9年(1826)、シーボルトはこの江戸参府に同行することとなり、胸を躍らせます。シーボルトにとって長崎から江戸までの道中は、日本各地の地理や動植物、産業、風俗習慣などを実際に見て、調査する絶好の機会だったのです。旅には記録係として、おかかえ絵師の川原慶賀を同行し、各地の風物をスケッチさせました。また、動植物を収集したり、オオサンショウウオのつがいを求め、これをオランダまで持ち帰ったというエピソードも残されています。道中では、シーボルトの高い知見に触れようと、医者や学者などが駆けつけ面会を求めます。シーボルトが江戸で会った幕府天文方の役人・高橋景保もそんな好奇心旺盛な人物の1人でした。景保は国防の観点から、シーボルトが持っていた世界地図を入手しようと、それと引き換えに伊能忠敬らが作成した日本地図(の写し)をシーボルトに渡したのでした。
文政11年(1828)、日本での任期を終えたシーボルトは、帰国の船が出るのを待っていました。しかし、彼が乗る予定だった船の出航は、長崎を襲った暴風により延期されます。なんという運命のいたずらでしょうか。出航の延期によって、当時、国外への持ち出しが禁止されていた日本地図やその他の禁制品を多数、シーボルトがオランダに持ち帰ろうとしていたことが発覚したとされています。同年11月、長崎奉行所はシーボルトが所持していたそれらの禁制品を没収。シーボルト自身も出島に拘禁され、厳しい取り調べを受けました。調べにあたって、シーボルトは協力者に罪が及ぶことを避けるため、それらの禁制品を誰から、どのように入手したかといったことについては明かさなかったそうです。文政12年(1829)12月、シーボルトは国外追放を申し渡されたため、滝や娘のイネと別れ帰国しました。この一連の騒動を「シーボルト事件」と呼んでいます。
  • シーボルト著『日本植物誌」に掲載されたアジサイ(長崎歴史文化博物館蔵)

    シーボルト著『日本植物誌」に掲載されたアジサイ(長崎歴史文化博物館蔵)

シーボルト3部作で、ヨーロッパに日本を紹介
シーボルトは帰国後、日本での研究成果を『日本(ニッポン)』、『日本植物誌』、『日本動物誌』などの著書にまとめ、西洋諸国に広く日本のことを紹介しました。特に『日本(ニッポン)』は、現在でも学術的な評価が高いシーボルトの日本研究の集大成として知られ、日本の地理、歴史、宗教、工業、商業など多分野にわたる調査・収集資料と、日欧の既存資料をまとめたものになっています。
また、とりわけ植物への関心が高かったシーボルトは、1万点以上の植物標本を収集し、絵師の川原慶賀による植物画なども残しています。さらに単にコレクターとしてだけでなく、研究者として日本植物の分類にも貢献したほか、ユリやアジサイ、ツバキなどを持ち帰り、ヨーロッパの園芸植物に多様化をもたらす先駆けとなりました。
  • シーボルトが滝に宛てた手紙(長崎歴史文化博物館蔵)

    シーボルトが滝に宛てた手紙(長崎歴史文化博物館蔵)

オランダ商館長の願い出により国外追放を解かれたシーボルトは、安政6年(1859)、オランダ貿易会社顧問の肩書で、再び来日を果たしました。帰国後、別の女性と結婚していたシーボルトは、その女性との間に生まれた長男・アレクサンダーを伴っていました。長崎に着いたシーボルトは、滝やイネ、そしてかつての門弟と再会。鳴滝の住宅は人手に渡っていましたが、これを買い戻して長崎における日本研究の拠点としました。文久2年(1862)、シーボルトは再び日本を離れますが、彼の日本研究は1866年にミュンヘンで70歳で死去する直前まで続けられたことから、シーボルトの日本に対する想いや情熱をうかがい知ることができます。また、国内においては、鳴滝塾門下生や、シーボルト滞在中に彼の知見にふれた学者などにより、西洋の先端科学に対する関心が大いに高まることになりました。現在、シーボルトが収集した日本コレクションの多くは、オランダのライデン国立民族学博物館など、ヨーロッパ各地の博物館に収蔵されています。