高島炭坑

高島炭坑(北渓井坑跡)は、外国資本と外国技術が我が国で初めて導入された炭坑で現在も竪坑をはじめ周辺に蒸気機関の痕跡とみられる遺構が地中に良好に残存している、近代的炭坑技術初期の姿を伝える代表的な遺跡です。
長崎半島の西沖合に位置する高島では、18世紀頃から採炭事業が始まりました。日本の開港後、長崎は石炭運搬や欧米諸国の蒸気船の石炭補給拠点としての役割を担いました。
外国の蒸気船の燃料として高まった石炭の需要を受け、1868年に佐賀藩とグラバー商会は、高島炭坑開発の共同経営を開始。英国人技師モーリスを招き、日本最初の蒸気機関による竪坑を高島に開坑しました。翌1869年に深さ43mで着炭し、北渓井坑(ほっけいせいこう)と命名されました。北渓井坑は、坑外に蒸気機関を設置して、巻揚機で炭箱を上下し、石炭を地上に運搬しました。また、蒸気ポンプを据え付け排水し、風車を坑外に置いて換気をしました。
西洋の最新技術と機械が導入され、日本最初の蒸気機関によって海底炭田を掘る近代炭坑が誕生したのです。
高島炭坑は日に300トンの出炭量を記録したとされますが、1876年海水の浸入により廃坑となりました。しかし、この旧来の技術を一新した石炭生産技術は、その後、端島炭坑や三池炭鉱に伝わり、わが国の炭鉱開発につながっていきました。
現在、高島には、当時の竪坑の坑口がいくつか残っており、北渓井坑跡は2014年に国指定史跡となっています。また、島内には、炭鉱開発にあたったグラバーの別邸がありました。
慶応4年(1868)、スコットランド出身の貿易商人トーマス・ブレーク・グラバーは高島炭坑の開発にあたり、明治初期にかつて高島本島とは離れた小島だったこの地に橋を架け、洋式の別邸を建てて炭鉱経営の拠点としました。ここから長崎の南山手の自宅との間に電話線を引いたのがわが国最初の私設電話だといわれています。
現在の三角屋根は後に展望所として整備された際に設置されたものですが、周囲には建物の基礎石や井戸跡、排泄物を処理したと思われる便器跡などが残されています。また、当時船をつけた下の船着場までの通路は今も散策路として通ることができます。
高島の炭坑の最盛期は昭和30~40年代の始め頃で、昭和43年には高島の人口が1万8千人を超えたという記録があります。現在は人口千人ほどの町ですが、豊かな自然を活かした観光に力を入れており【高島飛島磯釣公園】【海水温浴施設「いやしの湯」】【高島海水浴場】などの観光施設が設備され1998年には年間4万人の観光客が訪れています。
高島石炭資料館は明治、大正、昭和に渡って長年操業してきた高島炭抗の歴史を後世に伝えることを目的として、1988(昭和63)年に三菱高島炭抗労働組合跡に設置されました。1階には高島炭抗のあゆみを分かりやすく展示した歴史資料をはじめ、実際に使用されたトロッコや人車、採炭機械、坑内坑道の立体模型などが展示されており、高島炭抗の高い技術力が伝わってきます。また2階には高島での暮らしを伝える生活用品や端島炭抗の資料を展示。資料館前の広場には端島の模型も設置されており、操業当時の島の様子を今に伝えています。

■アクセス:
長崎港大波止ターミナルから高速船で約34分。高島港ターミナル下船。車で伊王島まで渡り、伊王島から乗船すると約12分。
高島港から徒歩2分。
■住所:長崎市高島町2706-8
■TEL:095-896-3110(高島行政センター)
■開館時間:9時~17時
■休館日:12月29日~1月3日
■入館料:無料
1935(昭和10)年に開坑された斜坑です。機材などの運搬用の坑口で、坑員の搬入・搬出および石炭の搬出が行われました。1945(昭和20)年、空襲時に発電所が被害を受け停電が発生。そのため排水ができず、水没により廃坑になりました。わずか10年ほどの短い稼働期間でした。

■アクセス:
長崎港大波止ターミナルから高速船で約34分。高島港ターミナル下船。車で伊王島まで渡り、伊王島から乗船すると約12分。
高島港から徒歩5分。
■住所:長崎市高島町2706-4
■TEL:095-896-3110(高島行政センター)
■備考:見学自由
1871(明治4)年に採炭が開始され、1892(明治25)年の閉坑まで、高島の主力坑として出炭が行われました。竪坑を見ることはできませんが、レンガ積みの排気坑跡が現存しており、当時を偲ばせます。

■アクセス
長崎港大波止ターミナルから高速船で約34分。高島港ターミナル下船。車で伊王島まで渡り、伊王島から乗船すると約12分。
高島港から徒歩7分。
■住所:長崎市高島町2706-30
■TEL:095-896-3110(高島行政センター)
■備考:見学自由
スコットランド出身の商人トーマス・ブレーク・グラバーは、小菅修船場や高島炭坑の建設、事業化に協力し、後に三菱の経営にもアドバイスを与え、石炭・造船など、当時の日本の主要産業の近代化に貢献した。1863年に建設された旧グラバー住宅は、国内に現存する最古の木造洋風建築で、居住やビジネスの拠点としてだけでなく、文化交流の場として活動拠点となった。棟梁は大浦天主堂などを請け負った天草出身の小山秀と思われる。対岸に三菱重工業(株)長崎造船所を眺望できる高台に位置している。

■アクセス
高島港から徒歩15分、または高島港ターミナルバス停から循環バスに乗車し、本町バス停下車、徒歩5分。
フェリー(長崎汽船)/大波止ターミナルから高島港まで34分。(竹島丸)/元船岸壁から高島港まで27分。
■住所:長崎県長崎市高島町99-1
■TEL:095-896-3110 (高島行政センター)
  • 長崎歴史文化博物館所蔵

    長崎歴史文化博物館所蔵

トーマス・ブレーク・グラバー Thomas Blake Glover (1838~1911)
高島炭坑に近代的な西洋技術を採用した開坑の祖
スコットランド出身の貿易商人。21歳の時に開港と同時に長崎に来日し、グラバー商会を設立しました。1868(慶応4)年、グラバーは佐賀藩と高島炭坑共同経営契約を結び、合弁会社を設立しました。グラバーは炭坑の開発にともないイギリスから技術者たちを呼び寄せ、蒸気機関により捲揚機やポンプなどの西洋技術を採用して、深さ43メートルにも及ぶ竪坑を完成させました。これが日本で最初に近代的採炭法を導入した炭坑「北渓井坑」です。
  • 三菱史料館所蔵

    三菱史料館所蔵

岩崎彌太郎 Yataro Iwasaki (1835~1885)
高島炭坑を大炭鉱へと導いた三菱の創業者
三菱の創業者。土佐国安芸郡出身。高島炭坑は佐賀藩とグラバーが手を結ぶことで、近代的操業に成功しましたが、グラバー商会が倒産すると経営に行き詰まりました。その後、後藤象二郎の蓬莱社が払い下げを受け操業しましたが、やはり資金繰りに苦しみ、窮地に陥ります。それを見かねた福沢諭吉と大隈重信が当時日の出の勢いの彌太郎に買取りを進言。彌太郎は高島炭坑を買い取りました。その後、高島炭坑は見事に復活を遂げ、1986(昭和61)年の閉山まで実に5500万トンもの出炭を記録しました。
  • 国立国会図書館所蔵

    国立国会図書館所蔵

鍋島直正 Naomasa Nabeshima (1815~1871)
先見の明あり! グラバーと手を結んだ佐賀藩主
佐賀藩10代藩主。1831(天保2)年に家督を継ぎ、藩財政の立て直しを図り、幕命による長崎警備に全力を注ぎました。医学教育施設の設置、日本初の反射炉の築造、日本初の蒸気車・蒸気船雛形を完成させるなど、諸藩に先駆け西洋文明の導入に取り組んだことでも知られています。また高島の炭坑にも目を向け、グラバーと契約を結ぶことで、洋式技術による石炭採掘を目指し、見事に成功させました。
小山秀 Hiide Koyama (1828~1898)
日本初の近代的炭坑を手掛けた長崎の名大工
熊本県天草郡出身。兄に継いで土木事業を営み、外国人居留地の造成や建築を請け負いました。旧グラバー住宅、大浦天主堂、旧オルト住宅、旧リンガー住宅などを手掛けた長崎の名大工として知られています。グラバーと親密な関係を築いていた小山は、グラバーと協同で高島炭坑を経営し、日本で最初に近代的採炭法を導入した「北渓井坑」の設計施行も請け負いました。また高島の小島に建てられたグラバーの別邸も小山が手掛けたものです。
  • 国立国会図書館所蔵

    国立国会図書館所蔵

後藤象二郎 Shojiro Goto (1838~1897)
高島炭坑を経営するも、窮地に追い込まれる。
土佐藩士。土佐藩の武器や物資の輸出入を扱う「開成館」の奉行を務め、明治維新後は大阪府知事などを経て、1871(明治4)年から「蓬莱社」を経営しました。グラバー商会倒産後、官有となっていた高島炭坑の払い下げを受け、「後藤炭坑舎」として操業を開始。しかし南洋井坑でガス爆発が起き、翌年には北渓井坑の廃坑、さらには坑夫の暴動などが相次ぎ、経営は立ち行かなくなりました。この窮地を救ったのが岩崎彌太郎です。彼は象二郎の借金約97万余円を肩代わりして高島炭坑を譲り受け、「高島炭坑事務所」として本格的な炭坑経営に乗り出しました。