端島炭坑

端島炭坑は、三菱により本格的な近代炭坑として開発が進められた海底炭鉱です。
高い護岸で囲まれ、煙突から煙を吐くその外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。その独特の外観と雰囲気は、日本の近代化を象徴する遺構として注目を浴びており、映画のロケ地となったり、軍艦島クルーズが行われたりするなど、観光面でも人気が高まっています。
端島は長崎港から南西約18kmの海上に浮かぶ、面積6.5haほどの小さな島です。江戸時代の終わりまでは、漁民が漁業の傍らに「磯掘り」と称して、ごく小規模に露出炭を採炭する程度でした。
本格的な石炭の採掘は1875年に旧深堀士族が天草の小山秀に請け負わせ始められました。その後、1890年に隣の高島と同じく三菱の経営に移りました。
これより端島(軍艦島)は本格的な近代炭坑としての開発が進められていきます。第二竪坑と第三竪坑が完成し、端島炭坑の出炭量は、1897年には高島炭坑を抜くまでに成長します。
端島で採掘される石炭は良質であったため、主に八幡製鉄所に製鉄用原料炭として供給されました。そしてこの頃には社船「夕顔丸」の就航、蒸留水機設置にともなう飲料水供給開始、尋常小学校の設立など居住環境が整備されました。また炭鉱の発展とともに島周囲が段階的に埋め立てられていきます。
端島は本来、南北約320m、東西約120mの岩礁の島でしたが、6回の埋立工事によって1931年には、南北に480m、東西に160m、面積にして約3倍の広さに拡張されました。
端島炭坑は、炭坑の開発と並んで増加する従業員のための住宅建設が盛んに行われ、1916年には、日本で最初の鉄筋コンクリート造りの高層アパートが建設されています。最盛期には5千人を越す人たちが生活しており、当時の東京都区部の9倍もの人口密度に達しました。
島の半分以上は鉱場が占め、その残りの土地に社員寮や学校、病院などを建てていたため建物の間隔はとても狭く、島民全体が家族のように暮らしていました。小中学校や病院、商店など、生活は全て島内で賄えるようになり、映画館やパチンコホールなどの娯楽施設もそろっていました。
しかし、石炭の島として一時代を築いた後、昭和30年代後半からエネルギー革命の影響を受け合理化が進み、1974年閉山し、同年4月に無人島となりました。
端島は、海底を採掘するため、地下に遥かに巨大で複雑な坑道が掘られ、地下約1,000mの深さまで掘り進められました。 良質の製鉄用原料炭産出する海底炭鉱の島として、わが国の近代工業を支えてきた炭坑でした。
2008年から2009年にかけて島内に見学通路及び見学場所の設備を行い、2009年4月から島内の一部に一般の方の上陸が可能となっています。 端島は2014年に国の史跡に指定されています。
2015年7月に世界文化遺産に登録された端島炭坑(通称:軍艦島)の魅力を体感してもらうため、2016年7月16日にリニューアルオープンした資料館です。館内には軍艦島の歴史や文化、世界文化遺産としての価値等、他に類を見ない多様な魅力をパネル展示や映像、各種資料があり、長崎における近代化の歴史を体感できます。また、資料館近くの展望台からは軍艦島の眺望が楽しむことができ、陸から見る軍艦島スポットとしても人気です。

■アクセス
車…長崎自動車道長崎IC出口を野母崎方面へ南環状線を経由、戸町ICから国道499号線を南下。所要時間約40分
路線バス…「長崎駅前南口」バス停から長崎バス30系統「樺島」「岬木場」行に約60分乗車「運動公園前」バス停下車後徒歩15分
■住所:長崎市野母町562番地1
■TEL:095-893-1651
■開館時間:9時~17時
■休館日:年末年始
■入館料:一般(15歳以上)200円、小中学生100円
小山秀 Hiide Koyama(1828~1898)
端島の炭坑開発に尽力した長崎の名大工
熊本県天草郡出身。旧グラバー住宅、大浦天主堂、旧オルト住宅、旧リンガー住宅などを手掛けた長崎の名大工として知られています。グラバーと親密な関係を築いていた小山は、グラバーと協同で高島炭坑を経営し、その後は本格的に端島の炭坑開発にも乗り出します。小山はイギリス人技師を招き、山を崩し海を埋め堤防を築いて機械設備を整備しますが、操業直前に台風によって破壊されてしまいます。これにより残念ながら小山は廃業に追い込まれますが、端島の開発の礎を築いた一人として歴史にその名を残しています。
岩崎彌之助 Yanosuke Iwasaki(1851~1928)
端島炭坑を繁栄に導いた三菱の二代目社長
三菱の創始者、岩崎彌太郎の弟である彌之助は、三菱の二代目社長として三菱財閥を作り上げた人物です。新会社「三菱社」を創設した彌之助は炭鉱、造船、銅山、水道、銀行と4つの事業を展開し、見事に軌道にのせます。1890(明治23)年、彌之助は当時、最優良炭炭坑となっていた高島炭坑に続き、端島炭坑を買収。以降、端島では80年余りに渡って、三菱の経営によって採炭が続けられました。彌之助は42歳で引退し、社長の座を彌太郎の長男・久彌へと引き継ぎました。