稲佐山の夜景

稲佐山から見るパノラマ夜景は「1000万ドルの夜景」と称され、函館山(函館市)、摩耶山掬星台(神戸市)と共に日本三大夜景に数えられています。
ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー
  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

  • ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

    ⓒ(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー

稲佐山
標高333m、日本三大夜景の地であり、長崎夜景の顔と言える存在です。展望台は円筒形の360度形。鶴の港と称される長崎港を中心に、女神大橋から平和公園地区までの大パノラマが展開。丘陵部に瞬く住宅光や道路照明は天空の星のように瞬き、観る人々にイマジネーションやインスピレーションを刺激してくれる秀逸な夜景です。