諏訪神社

新大工町・鳴滝・諏訪神社
歴史・文化財
長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
  • 長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
  • 長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
  • 長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
  • 長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
  • 長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
  • 長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
  • 長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
  • 長崎市民から“おすわさん”と親しまれている氏神様です。
創建は寛永2年(1625)で、当時はキリスト教が広まり他教を排斥したため、市内の社寺は破壊されることが多く、肥前唐津の青木賢清が長崎奉行・長谷川権六に願い出て造営したものです。そして、寛永9年(1632年)青木が初代宮司になり、同11年(1634)から祭礼を行うようになりました。
現在も続くこの秋の大祭・長崎くんちは、豪華絢爛・異国情緒たっぷりな祭りとして日本3大まつりの1つに数えられています。
現在の社殿は火災のため消失し、明治元年(1868)に復旧されたものです。楼門からの70余段つづく石段は見事なものであり、くんちのときは見物客でうまります。和洋中の文化が混在した長崎にあって、日本的な風情のある地域の1つです。

基本情報

住所 〒850-0006
長崎県長崎市上西山町18-15 MAP
電話番号 095-824-0445 Phone
料金 拝観無料
HP 関連リンクを見るWeb
アクセス JR長崎駅から路面電車蛍茶屋行きで6分、諏訪神社下車、徒歩5分
ここへ行くルートを検索