祈りの丘絵本美術館

東山手・南山手
資料館・美術館
絵本の歴史とゆかりのある丘に
  • 絵本の歴史とゆかりのある丘に
  • 絵本の歴史とゆかりのある丘に
  • 絵本の歴史とゆかりのある丘に

国宝・大浦天主堂やグラバー園がならぶ長崎市南山手の丘は、明治維新の頃(19世紀)、日本で唯一、西欧との交流が行われたところでさらに世界の近代絵本の源流は19世紀のイギリスにあります。
このような、歴史的にゆかりのある丘に、「祈りの丘絵本美術館」はあり、洋風に瓦ぶきという、当時の長崎独特の洋風建築です。

1階はこどもの本の店・童話館のフロアーで絵本・こどもの本が、およそ4,000点、10,000冊用意されています。
そして2階、3階が美術館のフロアーです。
美術館では、所蔵している国内外の絵本の原画による常設展や、企画展を開催しています。

また3階の一角には、およそ500冊の選びぬかれた絵本のコーナーがあり、入館者は自由に楽しむことができます。
絵本のコーナーの隣の集いのコーナーでは、絵本の大切さを伝えたり、小さなコンサートなどが開催されることもあります。

基本情報

住所 〒850-0931
長崎県長崎市南山手町2-10 MAP
電話番号 095-828-0716 Phone
料金 大人 300円、小中高生 200円※団体割引あり
営業時間 10:00 ~ 17:30 (入館は17:00まで)
休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日 ~ 1月3日、展示入替日
ここへ行くルートを検索