西山神社のザボンの木

新大工町・鳴滝・諏訪神社
景勝地
頭大の実がなるザボンの木
  • 頭大の実がなるザボンの木

この神社を建てた、長崎聖堂の学頭であり、唐通事(通訳)でもあった盧草拙(ろそうせつ)に寛文7年(1667年)ジャワから持ってきたザボンの種子を唐船船長・周九娘が渡し、神社の境内にその種子を播いたところ、見事に成長したことがこのザボンの木の始まりです。
 
その元木の種子が各地に播かれ長崎近郊は勿論、島原半島・鹿児島地方まで産出されるようになりました。
 
このザボンの木は、家の裏に枝を張る三代目の樹です。なお、四代目の本木がこの家の表にあります。

基本情報

住所 〒850-0005
長崎県長崎市西山本町8-18 西山神社境内 MAP
電話番号 095-823-1378 (西山神社) Phone
ここへ行くルートを検索