外海の大野集落

外海
世界遺産
西彼杵半島西岸の外海地方にある集落
  • 西彼杵半島西岸の外海地方にある集落

禁教期に潜伏キリシタンが自分たち自身で組織的に信仰を続けている中で、氏子となった神社に密かに自分たちの信仰対象を祀り、オラショ(祈り)を唱えるなど在来宗教と信仰の場を共有していた集落である。

禁教期の信仰の場であった神社近くに、解禁後、大野教会堂が建てられた。それは大野集落における「潜伏」が終わりを迎えたことを象徴している。


〔集落内の教会〕大野教会堂

基本情報

住所 長崎県長崎市下大野町26191 MAP
ここへ行くルートを検索