本住山 自證寺

琴海
歴史・文化財
キリスト教禁令の中、信仰に生きた自證院
  • キリスト教禁令の中、信仰に生きた自證院

自證寺(じしょうじ)は、万治元年(1658)大村藩の家老浅田安昌によって祖母自證院(じしょういん)の菩提を弔うために建てられた。浅田家は、代々大村藩家老の要職にあった家柄である。

自證院(洗礼名:ドンナ・マリイナ)は、日本初のキリシタン大名大村純忠の娘で俗名を「お伊奈」といい、キリスト教禁令の最中、仏教徒を装わされて戸根の地に流されながらも、なおキリスト教の信仰に生き続け、島原の乱の翌年、寛永16年(1639)にその生涯を閉じた。歴代墓地には自證院の墓がある。

基本情報

住所 長崎県長崎市琴海戸根町1096 MAP
電話番号 095-884-2005 Phone
アクセス 自証寺前バス停からすぐ。
長崎バス/長崎駅前バス停から長崎バス「大串・長浦・亀浦」行きに乗車し自証寺前バス停まで約55分。
車/長崎駅前から約45分
ここへ行くルートを検索