黒崎教会

外海
教会
黒崎も、ド・ロ神父が宣教と救済をおこなったキリシタン集落
  • 黒崎も、ド・ロ神父が宣教と救済をおこなったキリシタン集落
  • 黒崎も、ド・ロ神父が宣教と救済をおこなったキリシタン集落
  • 黒崎も、ド・ロ神父が宣教と救済をおこなったキリシタン集落
  • 黒崎も、ド・ロ神父が宣教と救済をおこなったキリシタン集落
1897年にド・ロ神父の指導で敷地が造成され、1899年から建設計画が進行、1920年に完成した、遠藤周作の小説『沈黙』の舞台ともなった黒崎の地に建つ教会。
聖堂は信徒が奉仕と犠牲の結晶として一つひとつ積み上げたレンガで造られている。煉瓦造、平屋、桟瓦葺(さんかわらぶき)の簡素な構成が煉瓦の美しさを際立たせており、深い奥行を持つ内部はリブ・ヴォールト天井と呼ばれ、ステンドグラスが印象的だ。付属する鐘楼は隠れキリシタンの帰依を願って設置されたもの。

基本情報

住所 〒851-2324
長崎県長崎市上黒崎町26 MAP
教会
データ
建物 レンガ造平屋532㎡
竣工 1920年
施工 川原忠蔵
小教区 黒崎小教区
内覧時間 9:00~17:00(※但し、①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
休日 特になし
拝観料・
入場料
無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
アクセス 国道202号線、黒崎教会前停留所から徒歩2分
ここへ行くルートを検索