長崎居留地まつり

東山手・南山手
歴史・文化
居留地時代の長崎の誇りと繁栄を彷彿とさせるお祭りです
  • 居留地時代の長崎の誇りと繁栄を彷彿とさせるお祭りです
  • 居留地時代の長崎の誇りと繁栄を彷彿とさせるお祭りです
  • 居留地時代の長崎の誇りと繁栄を彷彿とさせるお祭りです
  • 居留地時代の長崎の誇りと繁栄を彷彿とさせるお祭りです
  • 居留地時代の長崎の誇りと繁栄を彷彿とさせるお祭りです
  • 居留地時代の長崎の誇りと繁栄を彷彿とさせるお祭りです

今年は街歩きを中心とし、新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮して開催いたします。

 

長崎市の旧外国人居留地である東山手、南山手、大浦地区を舞台に多彩なイベントが開催されます。


かつて長崎は日本で唯一の西洋との窓口であり、様々な情報発信基地となっていました。

多くの人々が居留し、医学、蘭学、兵学などを学び、日本の夜明けを導く原動力になったのです。

やがて鎖国が解かれ、横浜や神戸などと時を同じくして長崎では現在の東山手、南山手、大浦地区辺りが外国人、特にヨーロッパ人の居留地として栄えるようになります。

 

この祭りは幕末に居留地で生きた人々や、日本の夜明けに大きく貢献した長崎の歴史的役割と、そうした郷土への誇りを考え直そうということから市民と行政が一体となり平成13年(2001)にスタートしました。
 

最大の特徴は、歴史をつくりながら今を生き抜いている人々が主役であり、誰もが気軽に参加できるということです。

 

主なイベント】居留地まちビンゴ 
19日(土)・20日(日)10:00~17:00
会場全体にあるチェックポイントを巡って豪華賞品を当てよう!

 

【長崎居留地まつり実行委員会からのお知らせ】

広報ながさき9月号において2020長崎居留地まつりのお知らせを掲載させていただきましたが、グッズ販売を行う店舗について「JAPAN SHOP TeRAYA」様への了承を得ず、グッズが購入できる店舗として誤って掲載しておりました。誤った情報を発信してしまったことにより不快に思われた皆様にお詫び申し上げます。

グッズ販売を行う店舗名につきまして、正しくは下記の通り訂正させていただきます。

●イベント本部(四海樓前広場) ●長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館/長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム

●東山手地球館 ●Wabi/呂色の梁 ●てがみ屋

 

基本情報

住所 長崎県長崎市 グラバー園ほか東・南山手地区 MAP
電話番号 095-822-8888 (長崎市コールセンター) Phone
開催日 9月19日(土)~21日(月・祝)
HP 関連リンクを見るWeb
関連資料 関連資料を見るPDF
アクセス 大浦天主堂電停(バス停)から徒歩約3~5分。
路面電車/長崎駅前電停から崇福寺行きに乗車し、新地中華街電停でのりつぎ券をもらい下車。石橋行きにのりつぎ大浦天主堂電停まで約15分。
長崎バス/長崎駅前東口バス停から田上、大平橋行きに乗車し、大浦天主堂下バス停まで約25分。
車/長崎駅前から約8分。
ここへ行くルートを検索