旧オルト住宅

東山手・南山手
長崎居留地と国際航路
国指定重要文化財
  • 国指定重要文化財
  • 国指定重要文化財
  • 国指定重要文化財

 建物は、彫溝がなく柱間が大きいトスカーナ風列柱のベランダの中央に、切妻(きりづま)屋根のペディメントを上部に持つポーチがあり、軒高が高い威厳のある姿です。幕末から明治時代(18681912)に建てられた洋風建築の中では、規模が大きく、格調も高い建物です。主屋は木骨石造の瓦(さんがわら)葺きで、北・西・南面に石敷のベランダを廻しています。イギリス人の設計と思われる平面図が遺っています。

 イギリス人のオルトは日本茶の輸出で莫大な利益を得、自らも日本茶の製造工場を経営しました。オルトが退去した後は、187912月に創立された活水女学校(かっすいじょがっこう)1882年まで仮校舎として使用しました。のちにF・リンガーの長男のフレデリック・エラスマス・エドワード・リンガーが1940年2月に56歳で亡くなるまでこの邸に住んでいました。

文化財情報

指定区分 国指定重要文化財
指定年月日 昭和47年5月15日
所在地 長崎市南山手町8 -1 グラバー園内
所有者 長崎市
このスポットの観光情報を見る ここへ行くルートを検索