旧リンガー住宅

東山手・南山手
長崎居留地と国際航路
国指定重要文化財
  • 国指定重要文化財
  • 国指定重要文化財
  • 国指定重要文化財

 イギリス人のフレデリック・リンガーは、はじめはグラバー商会で働いていました。1868年、29歳の時にイギリス人のホームとホーム・リンガー商会を設立しました。1940年の閉鎖までの約70年間、外国貿易や商社代理店、お茶の加工、ガス等幅広い事業に従事し、長崎の産業や経済に大きな功績を遺(のこ)しました

 この家は、木造で外壁は石造、平屋建てで屋根は瓦(さんがわら)葺きです。3面に角石の柱を配した吹き放ちのベランダを設けています。正面中央が出入り口で、中廊下の左右に各部屋を配置しています。玄関ホール南側の食堂と、北側の応接室の全面をベイウィンドとしており、長崎港を眺めることができます。

 この建物は、1868年頃に建築されたと思われ、1874年にリンガーが取得し、1883年頃から自宅として使用しました。

文化財情報

指定区分 国指定重要文化財
指定年月日 昭和41年6月11日
所在地 長崎市南山手町8-1  グラバー園内
所有者 長崎市
このスポットの観光情報を見る ここへ行くルートを検索