大浦天主堂(国宝)

東山手・南山手
観光
大浦天主堂の正式名は、「日本二十六殉教者聖堂」といいます。16世紀末の慶長元年(1597年)に礎にされた二十六人の殉教者に捧げられ、殉教地「西坂の丘」に向かって建てられています。 元治元年(1864年)プチジャン神父によって完成した大浦天主堂は、木造ゴシック建築様式で、正面・後方・側廊・高窓にもステンドグラスがはめ込まれています。現存する我が国最古の教会で、昭和8年(1933年)国宝に指定されました。 天主堂前の広場から教会入口までは長い階段になっています。階段の両端には手すりが設置されていますが、階段以外の方法で天主堂入場方法はなく、車椅子の方は長い階段の移動介助が必要です。

バリアフリー対応状況

  • 駐車場
  • バリアフリー駐車場
  • フラット
  • スロープ設置
  • 自動ドア
  • 車いす対応エレベーター
  • バリアフリートイレ
  • オストメイトトイレ
  • おむつ交換台-大人用-
  • ベビーケア設備(おむつ交換台)
  • ベビーケア設備(授乳スペース及びおむつ交換台あり)
  • ベビーケア設備(授乳スペースのみあり)
  • ベビーカー貸出
  • 車いす貸出 -手動-
  • 車いす貸出 -電動-
  • 音声ガイダンス
  • 電光掲示板
  • 盲導犬・介助犬
  • AED設置

基本情報

住所 〒850-0931
長崎県長崎市南山手5-3 MAP
電話番号 095-823-2628 Phone
FAX番号 095-827-5452
料 金 入場料
一般 大人:300円 中・高校生:250円 小学生:200円
団体(30人以上) 大人:250円 中・高校生:200円 小学生:150円
<身障者手帳提示>
一般 大人:150円 中・高校生:130円 小学生:100円
団体 大人:130円 中・高校生:100円 小学生:50円
営業時間 8:00~18:00(※拝観受付は閉館15分前に終了)
H P 『大浦天主堂(国宝)』についてのホームページはこちらへ
アクセス バ ス:「大浦天主堂」下車徒歩5分
電 車:「大浦天主堂」下車徒歩5分
備 考 ※平成26年8月20日更新
ここへ行くルートを検索

大浦天主堂(国宝)の周辺情報

【免責事項】 当サイトに掲載されている情報は調査時点のものであり、実際と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。