長崎居留地と国際航路

日本に西洋文化の花開く!
幕末の開国に伴い、長崎には、来港する外国人の居住する場所として居留地が設けられました。東山手、南山手地区には、幕末から明治時代にかけて建てられた洋館や、石畳の坂道など、居留地の面影がしのばれる異国情緒あふれる見所が数多く残されています。長崎の観光地のなかでもひときわ人気が高いこの地区の町並みや、長崎を舞台に活躍した外国人たちにまつわるエピソード、そして彼らが日本にもたらした海外の文化について紹介します。
自由貿易港長崎を訪れる外国人のために、受け入れる場所が必要になった
江戸時代、海外との交易が制限されたなかにおいて、長崎は日本の中で中国とオランダに開かれた窓口となっていましたが、安政5年(1858)に結ばれた五カ国(米・蘭・露・英・仏)との修好通商条約によって、横浜、函館とともに自由貿易港として新たに出発しました。条約では、開港場に外国人居留地(=居住区)を造ることが決められたため、安政6年(1859)、まず長崎市街地の南側に位置する湾状の大浦海岸が埋め立てられ、続いて背後の東山手、南山手の丘陵部が造成されました。
長崎の外国人居留地は、造成後の大浦一帯が開かれた後、出島や新地などが加えられ、大浦、下り松、東山手、南山手、梅香崎、出島、新地、広馬場にわたる約36万平方メートルの広さになりました。
居留地は、日本で最初の近代的都市整備が進められ、街路や下水道など、当時の最先端のインフラが整備された新しい町でした。たくさんの欧米人がビジネスチャンスを求めて長崎に来訪し、この地を拠点にさまざまな活動を行っていました。
居留地制度は明治32年(1899)の条約改正とともに撤廃され、外国人は居留地の枠を越えて生活できるようになりましたが、旧長崎居留地内には引き続き多くの外国人が暮らしました。
  • 南山手乙一番地の大浦天主堂の境内には、幕末からの歴史がぎゅっと詰まっている

    南山手乙一番地の大浦天主堂の境内には、幕末からの歴史がぎゅっと詰まっている

  • 居留地時代の建造物を数多く保存、展示しているグラバー園

    居留地時代の建造物を数多く保存、展示しているグラバー園

  • 水色の洋館が建ち並ぶ東山手洋風住宅群

    水色の洋館が建ち並ぶ東山手洋風住宅群

瓦屋根に煙突!? そんな異国情緒あふれる、洋風建造物が建ち並ぶ
幕末から明治期の長崎居留地には、数多くの洋風建造物が建ち並んでいました。港に面した海岸通りには商社、銀行、領事館、ホテルなど、裏通りには製茶所、製パン所、理容院、洋装店などが軒を連ねて、さながら西洋の港町を連想させる賑やかな町並みになりました。下り松(現、松が枝町)の海岸地には造船所や入港中の船員が集うバーなどがあり、梅香崎には税関、郵便局、電信局もありました。海を見下ろす高台の東山手の丘には、はじめは教会や領事館が、のちに学校や住宅などが建てられ、学園の丘とも呼ばれる景観になりました。大浦川をはさんだ向かいの南山手の丘には、ゴシック様式の大浦天主堂が建ち、眺望のよい場所には住宅が建ち並んでいました。
居留地の建物は、木造のほか、石造やレンガ造の洋風建築などがあり、それまで国内では見られなかった、居留地ならではの独特な街並みが広がりました。「伝統的建造物群保存地区」として保護されている東山手、南山手地区には、今もそうした洋風建築などの歴史的建造物や、レンガ塀、石畳、古い樹木など、外国人居留地の面影をしのばせる遺産が数多く残り、長崎の人気観光エリアになっています。ここでは、今に遺る旧居留地の主な建物の中から、「教会」「住宅」「領事館」「銀行」「税関」など、代表的なものを紹介します。
  • 右奥の建物がリンガーが経営した西洋式ホテル「ナガサキ・ホテル」(長崎歴史文化博物館蔵)

    右奥の建物がリンガーが経営した西洋式ホテル「ナガサキ・ホテル」(長崎歴史文化博物館蔵)

  • 昭和初期頃の社交クラブ「ナガサキ・クラブ」の面々(長崎歴史文化博物館蔵)

    昭和初期頃の社交クラブ「ナガサキ・クラブ」の面々(長崎歴史文化博物館蔵)

  • 明治3年(1870)創刊の英字新聞「ナガサキ・エキスプレス」(長崎歴史文化博物館蔵)

    明治3年(1870)創刊の英字新聞「ナガサキ・エキスプレス」(長崎歴史文化博物館蔵)

近代的インフラから嗜好品まで、海外のスタイルが入ってきた!
長崎居留地にやってきた外国人の多くは、さまざまな面で日本の近代化に大きく貢献しました。現在では身近に感じる生活スタイルや文化、施設などの中にも、この時代に居留地を通じて入ってきたものがたくさんあります。例えば、洋式ホテル、ボウリングやゴルフなどのスポーツ、遠くの人ともつながる電話や電信などの通信技術、さわやかな清涼飲料水など。ここでは、長崎に持ち込まれ、日本国内に広がった文化をいくつか紹介します。
  • 旧グラバー住宅

    旧グラバー住宅

  • 旧ウォーカー住宅

    旧ウォーカー住宅

  • 旧長崎英国領事館(2022年度まで保存修理中)

    旧長崎英国領事館(2022年度まで保存修理中)

  • 出津教会堂

    出津教会堂

  • 旧オルト住宅

    旧オルト住宅

  • 坂本国際墓地

    坂本国際墓地

貿易商や技術者、宣教師、船員など、様々な人たち
来日し、長崎居留地を拠点とした外国人は、当時の名簿によると、イギリス、アメリカ、フランス、ロシア、中国からの人々が比較的多く、このほかオーストリアやドイツ、デンマークなどの国々の人々も暮らしていました。彼らは、貿易商人や船員、炭鉱や造船、建築、土木などの技術者、キリスト教の宣教師、そしてこれらの人々を保護する領事など、来日した目的や職種も様々でした。彼らの中には、長らく日本で活動し大きな功績を残した人や、長崎で永遠の眠りについた人もいます。長崎市内には、この地で活躍した人々の足跡を示す、たくさんの文化財が残されています。ここでは、長崎居留地を拠点とした主な人々やエピソード、関連する文化財などを紹介します。