龍馬を救った長崎での出会い

  • 船や武器などを購入するため、龍馬も足しげく通ったとされるグラバー邸
日本初の商社「亀山社中」を立ち上げ、順風満帆な長崎での船出を飾った龍馬ですが、やがて試練が訪れます。その危機を救ったのが、土佐藩参政の後藤象二郎でした。身分制度が厳しかった土佐藩では、下級武士の龍馬と上級武士の象二郎は、土佐の地では同郷人とはいえ出会っていなかった可能性があります。そんな二人を結びつけたのが長崎でした。
  • 後藤象二郎(高知県立歴史民俗資料館蔵)

    後藤象二郎(高知県立歴史民俗資料館蔵)

後藤象二郎が手を差し伸べる
慶応2年(1866)、亀山社中は薩摩藩が英国商人・グラバーから購入した洋式帆船・ワイルウェフ号に乗り、鹿児島へ向かっていましたが、暴風に遭い潮合岬(現新上五島町)沖で遭難。亀山社中の仲間や水夫ら12名がなくなる事故に見舞われます。生存者はわずか3名。大切な仲間を失った悲しみと同時に、亀山社中の仕事は物資を運ぶ海運業であったため、商売道具の船までなくしてしまった亀山社中は経営難に陥ります。そんな龍馬に近づき、手を差し伸べたのが土佐藩参政の後藤象二郎でした。
  • 旧榎津町にあった清風亭跡地

    旧榎津町にあった清風亭跡地

  • 日本三大遊郭の1つとして栄えた丸山芸者の芸が楽しめる長崎検番

    日本三大遊郭の1つとして栄えた丸山芸者の芸が楽しめる長崎検番

龍馬と象二郎の清風亭会談
同じ土佐出身の龍馬と象二郎。しかし、同郷人のよしみで二人はつながったわけではありませんでした。後藤象二郎は、龍馬がかつて土佐で所属していた攘夷の結社・土佐勤王党によって暗殺された土佐藩の重役・吉田東洋の甥っ子で、その恨みからか、龍馬の仲間が多く在籍していた土佐勤王党を激しく弾圧した人物です。そんな経緯もあって、龍馬と象二郎はいわば仇敵といってもよい関係でした。しかし、象二郎は亀山社中の航海術や、商業実績、そして龍馬が薩摩、長州両藩と太いパイプでつながっていることを評価し、経営難で困っていた龍馬に近づいたのです。龍馬との会談をうまくまとめて、政治の主導権を争う勢力の中での土佐藩の地位を高めたかった象二郎は、龍馬が贔屓にしていた芸者のお元を呼び寄せて場を和ませると、会談で龍馬と意気投合します。ここで龍馬と象二郎はともにニッポンの将来について熱く語り合える仲になったのです。