ラグビーは、前半40分、後半40分 計80分を15人対15人の人数でボールを奪い合います。
奪ったボールを敵陣の一番後ろまで持っていくのですが、パスは後ろにしかできないため、ボールは選手が抱えて持っていくことになります。
このため、選手同士ボールを奪い合うパワー溢れる接触プレーが発生し、ラグビーの魅力の一つとなっています。

  • ポジションの例

    ポジションの例

○得点

トライ(5点)

攻撃側のチームの選手が相手側のインゴール内の地面にボールを接地させるとトライ。

コンバージョンゴール(2点)

トライの後に、トライした側がゴールキックをしてゴールするとコンバージョンゴール。

ペナルティゴール(3点)

相手チームが反則をした後に、ゴールキックが成功するとペナルティゴール。

ドロップゴール(3点)

試合中に、ドロップキックからゴールするドロップゴール。

 

○ルール

ノックオン

ボールを前側に、落としてしまうこと。

スローフォワード

ボールを前側に、パスしてしまうこと。

オフサイド

プレーをしてはいけない場所から、プレーに参加すること。

ノットリリースザボール

タックルをされた選手がボールを離さないこと。

ノットロールアウェイ

タックルをした選手、またはタックルをされた選手が地面に倒れ、ボールから離れないこと。

 

○ラグビー用語

タックル

ボールを持った選手をつかんで倒すこと。

スクラム

選手が8人対8人で組み合い、ボールを真ん中に投げ入れ奪い合うプレーのこと。

ラインアウト

ボールがタッチラインから外側に出たとき、試合を再開させるセットプレーのこと。

ドロップキック

ボールをバウンドさせてから蹴るキックのこと。

プレースキック

試合を停止させた状態で地面に置いたボールをけるキックのこと。

モール

ボールを持った選手を中心に両チームが組み合う状態のこと。

ラック

地面に転がっているボールを両チームが組み合って奪い合う状態のこと。

ノーサイド

激しく戦った両チームの選手全員が、お互いの健闘を称え合う、ラグビーの精神のこと。日本では試合終了の合図も意味します。