日本の未来を切り開いた男「五代友厚」の物語

12.11(金) 全国ロードショー

12.11(金) 全国ロードショー

五代が龍馬と出会った場所は長崎でした。

江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き四人の青年武士が全速力で駆け抜けるーー

五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間重なり始める。攘夷か、開国かー。

五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるために、坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(松永悠希)らと志を共にするのであったーー

 

【出演】三浦春馬 三浦翔平 西川貴教 森永悠希 森川葵 蓮佛美沙子

【監督】田中光敏 【脚本】小松江里子

【製作】@2020映画「五代友厚」製作委員会

※長崎市内では「TOHOシネマズ長崎」でご覧いただけます。

 

物語にも登場する長崎のシーン。

長崎市内でも実景の撮影が行われました!

 

日本最古の木造洋風建築で、英国出身の貿易商人であるトーマス・グラバーが生活した場所。五代たちも留学の相談や商談などでグラバーのもとを訪ねています。
※現在は保存修理工事中のためご覧いただけません
五代がかんざしを買い求めに、眼鏡橋近くの店を訪れています。
眼鏡橋周辺には、現在も様々なお土産店が橋の近くに点在しています。
五代と龍馬たちゆかりの長崎のスポットを巡ろう
彼らが出会い、夢を語り合った場所が「長崎」でした。