平成28年7月16日リニューアルオープン 軍艦島資料館

平成28年7月16日リニューアルオープン 軍艦島資料館

1 軍艦島とは? 軍艦島とはどういう島だったのか?なぜ軍艦島と呼ばれるようになったのか? 軍艦島の沿革を紹介しています。

軍艦島の沿革

2015年7月に世界文化遺産に登録された軍艦島(端島)は長崎港から南西約20kmの海上に浮かぶ、面積6.5haほどの小さな島。シルエットが軍艦「土佐」に似ていたことから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。

  • 明治末期ごろの全景 明治末期ごろの全景
  • 昭和33年頃の全景 昭和33年頃の全景

2 世界遺産としての価値と歴史的背景 世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」とは? その中で軍艦島はどのような役割を果たしたのかなどをわかりやすく紹介しています。

海底炭鉱から採掘される石炭はとても良質で、1890年(明治23年)から1974年(昭和49年)の閉山まで約1,570万トンを供給しました。隣接する高島炭坑とともに船舶用燃料や製鉄用原料炭として製鉄・製鋼の分野の面で日本の近代化に大きく貢献しました。

CHECK! 子どもたちの自由研究にも最適! 江戸時代後期に石炭が発見された当初は草木のない水成岩の瀬にすぎませんでした。1890年(明治23年)に三菱が経営権を握ってからは、本格的な海底炭鉱として操業を開始。日本の近代化を支えてきました。 端島産の石炭はとても良質であったため、製鉄用原料炭として、製鉄・製銅の分野で大きな役割を果たしました。 約100年に渡って日本のエネルギーを生産し続けていたのね!

3 軍艦島での暮らし 軍艦島が無人島となる前の活気あふれる暮らしの様子を紹介しています。

石炭出炭量の増加に比例するように島の人口も増え、狭い島内で多くの住居を確保するため、当時の最先端技術を用いた高層アパートの建設が相次ぎました。
当時の島内には、病院や学校・商店・寺院・神社・派出所や映画館・理髪店・パチンコホールなどがあり、何不自由のない生活が送れる都市としての機能を有し、人々の暮らしは活気に満ちていました。

  • 端島の地獄段 中央の階段は地獄段と呼ばれ、島の最も高い場所にある端島神社まで続いていました。 この付近には商店が多く、買い物をする主婦たちで賑わっています。
  • 電化製品が普及した一般的な家庭 昭和30年代の端島の家庭。 「三種の神器」と呼ばれたテレビ・冷蔵庫・洗濯機はほとんどの家庭に普及していたといわれています。

4 炭坑の島 地下600メートルより深い海底での過酷な作業。その緊張感あふれる様子をご覧ください。

海底を採掘するため、地下に巨大で複雑な坑道が掘り進められました。ガス爆発などの危険と隣り合わせの過酷な条件のなか、作業員たちの張り詰めた雰囲気がうかがえます。

  • 炭車を押す作業員 炭車を押す作業員
  • 削岩機による削岩 削岩機による削岩

5 時を刻む島 無人島となった現在の軍艦島の写真パネルや、実際に島に残されていた実物の展示をしています。 時空を超えた島の様子が実感いただけます。

無人島となって40年以上が経過した島内の老朽化した建物の様子などを写真パネルでご覧いただけます。また、実際に島に残されていた計算機や炊飯器、テレビなどの実物資料も展示しています。

  • 残された電化製品 残された電化製品
  • 計算機 計算機

CHECK! 2015年7月 世界文化遺産登録! 石炭の島として一時代を築いた後、昭和30年代後半からエネルギー革命の影響を受け合理化が進み、1974年閉山、同年4月にはすべての居住者が島を去り、無人島となりました。 その後、30年以上もの時を経て、2009年(平成21年)に見学施設が整備され、同年4月に上陸見学が可能となり、新たな歴史を刻み始めました。2015年(平成27年)7月、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製銅、製船、石炭産業」の構成資産の1つとして世界文化遺産に登録されました。 資料館を見て、なぜココが世界遺産に認定されたのか、そのストーリーが明確に理解できたわ。

6 軍艦島の映像紹介 最新の4K映像による軍艦島・明治日本の産業革命遺産のムービーコーナーです。

端島の様子をさまざまな角度から撮影した4K映像で紹介。
軍艦島の大迫力の映像をお楽しみください。

7 端島炭坑の歴史・端島の埋立の変遷

  • 精巧に作られた軍艦島の模型 精巧に作られた軍艦島の模型

8 ロケ地としての軍艦島 1948年公開の「緑なき島」にはじまり、近年の「進撃の巨人」など軍艦島が舞台となった映画をはじめとする 作品の一部を紹介しています。

007シリーズ誕生50周年記念作品「007スカイフォール」や、「進撃の巨人」など、軍艦島が舞台となった映画などの作品の一部を紹介するコーナーもあります。

軍艦島とは

軍艦島とはどういう島だったのか?なぜ軍艦島と呼ばれるようになったのか?軍艦島の沿革を紹介しています。

世界遺産としての価値と歴史的背景

世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」とは?その中で軍艦島はどのような役割を果たしたのかなどをわかりやすく紹介しています。

世界遺産としての価値と歴史的背景

軍艦島が無人島となる前の活気あふれる暮らしの様子を紹介しています

炭坑の島

地下600メートル以上の海底での過酷な作業。その緊張感あふれる様子をご覧ください。

時を刻む島

無人島となった現在の軍艦島の写真パネルや、実際に島に残されていた実物の展示をしています。時空を超えた島の様子が実感いただけます。

軍艦島の映像紹介

最新の4K映像による軍艦島・明治日本の産業革命遺産のムービーコーナーです。

軍艦島の映像紹介

1948年公開の「緑なき島」にはじまり、近年の「進撃の巨人」など軍艦島が舞台となった映画をはじめとする作品の一部を紹介しています。